伊予現代町家の構造

システム図現代町家にはいくつかのルールがあります。

構造のこと、設計のこと、部材のこと…
ルールといっても堅苦しいものではなく、取り組むみんなの「決めごと」のようなものですが、これが現代町家を現代町家たらしめているものです。

ベースとゲヤでプランをつくる

現代町家は、部屋を組み合わせた「間取り」でプランするのではなく、「場所」をプランニングします。
そのための構成要素が、「ベース」と「ゲヤ」です。

ベースは居住空間(くつろぐ、食べる、寝る)、ゲヤは補助空間(玄関、水回り、隠れ家等)を構成します。

ベースは4メートル、5メートル、6メートルのスパンで構成される「ベースマトリクス」から選択し、ゲヤは最大スパンを3メートルとするなかで自由に展開します。

ベースマトリクス

※基本はメートルをモジュールとしますが、910、960といったモジュールとすることも可能です。

躯体は平角スケルトンシステム

現代町家では、通常木造住宅に使われる正角材(断面が正方形の材)ではなく、120ミリ×240ミリの平角材を「メインスケルトン」として、柱と梁に用います。

平角スケルトン

4隅の通し柱とそれをつなぐ8本の梁は、120×240ミリの平角材で構成されます。材のアイテムを絞り込むことで、木材の産地である山と協働し、計画的に在庫することが可能になります。

平角材を用いることで、胴差接合部の断面欠損を大幅に低減できます。
下図は、120角の柱と、120×240角の平角材の、胴差接合部の断面欠損のイメージ図です。120角の材では、材の断面積に対して接合部の欠損が大きく、それに比較して平角材では欠損部の比率が少ないことがわかります。

断面欠損の違い

※地域で入手できる木材やデザイン上、120×240ミリ以外の寸法を用いることや、集成材と接合金物を利用するなどして断面欠損を低減することもあります。

耐力壁1/3ルール

耐力壁とは、建物に風や地震などによる力がかかったときに、水平力を支持するための壁です。
プランをつくっていくと、ついつい壁が邪魔になり、構造上必要な壁が不足してしまう、ということになりがちです。
現代町家では、ベースの各辺で1/3の耐力壁を設ける、というルールがあります。プランニングの際に、このことを意識して行ってください。
このルールに則ってプランニングした上で、壁量が十分かどうかを、構造計算によって確認します。

許容応力度計算を行います

現代町家で行う「許容応力度計算」とは、建物の荷重を想定して応力を算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを算出するというものです。

木造で2階建て以下の住宅の場合、現在の法律では構造計算が義務づけられていませんが、確かな構造を持っていることは、どんな住宅にも必須のことと考えて、現代町家は全棟で許容応力度計算を行い、建物の構造を確認します。

現代町家は長期優良住宅に対応しています。

現代町家設計マニュアル「システム編」

このページに紹介したのは一例です。現代町家には構造、省エネルギー性能、劣化対策性能など、長期優良住宅に求められる基本性能をクリアできるように定められたマニュアルがあります。